緊急散歩(^^;


ほんとは、上野公園のヘブンアーティストの予定だったんだけど・・・
オカリナの「舞歌」さんと、アコーディオンの「あんざいのりえ」さん。

1時間ずつ見るはずだったのに、家を出たとたんに、雨(;;)


急遽、”散歩”に変更。 前から気になっていた、『へび道』を歩こう!

安い駐車場見つけたら、行動が前向きだね。前なら引き返してたょ。
駐車場が、空いてなければ帰るんだけど、空いてたから、散歩実行です。

池之端~谷中~千駄木~根津の順路で回ろうと、前々から決めていました。
残念なのは、昔の時計の博物館みたいのがあるらしいんだけど、
休館期間なので、スルーしてしまうこと。
別な日に、ここだけでも、行ってみたいと思っています。

まず、上野動物園脇の山から降りてきた一帯。
画像

クルマじゃ、不安で避けてしまうところですが、歩きなら、安心(^^v

へび道手前で、根津観音通り商店会の看板があった。
画像

奥のほうに、山。

「今、不忍通り付近にいて、あの山の上を17号線が走ってるんだ」
・・・と、思うと本所・深川地区の人間から見ると、感動もん。
地図に、いきなり立体感が出てくる。

いい雰囲気の建物が、出てきました
画像

「丁子屋」さん。
 染め物とか書いてありますが、勉強不足で
 よくわかりません・・・

 感覚的に、「染め物といえば、川岸」みたいな思いこみがあります。
 川がないので、ちょっと違和感。

  でも、地理的に谷間ですから、「昔は、川があった」の、楽しい方向に
  行ってしまいそうな気がします。 古地図とか、見たいな・・・

しばらく歩くと、地図がでてきました。
画像

現在地は、真ん中の下から5分の1くらいのところ。

左の方が、行きたいところ。 もう少しですね。

とうとう、へび道の入口(?)です。
画像

道が、曲がり始めました。 曲がりはじめるって・・・(^^;

ちゃんと、標識だってあります。
画像

蛇行しますって、教えてくれてます。

へび道は、谷中2丁目と千駄木2丁目の境になるみたいです。
画像

右も左も曲がって、さらに別れていて、面白いところ。
へび道は、左です。
画像

曲がる曲がる
画像

それは、もう・・
画像

気持ちいいくらいに・・・
画像

曲がる曲がる
画像

方向感覚が、壊れ出す・・・
画像

まさか、元に戻ったりとかするんじゃ・・・
画像

あ、信号が見えた
画像

あ、バス通りだ、大きい道だ、抜けたんだ。
画像

バス通りの向こうにも、曲がった道
画像

こっちは、道が広くて、『へび』っぽくない
ここらへんで、不忍通りの反対側へ行き、戻ろう。

細い路地を曲がり、千駄木駅へ向かう途中
うっ、駐車場?
画像

すんごく、ピッタリ! すばらしい!! へび道も安心だーっ!!!

不忍通りを渡り、裏道へ
画像

公園が、ありました。
画像

須藤公園。
画像

すばらしい公園です。 庭園でもいい。
画像

広さは思うほどありませんが、高低差があり
画像

歩道と樹木と滝から池の配置が、感動もの。
画像

須藤の滝。 写真の真ん中上から左下へ流れています。
画像

地下鉄の駅から徒歩数分で、この景観
画像

ここらへんで、蚊に刺された。 かゆい・・(^^;
画像

ちょっと時間とり過ぎた。 根津へ向かおう。
画像

公園脇の坂を登る。 この斜面を利用して公園を設計したんですね。

道端に、偶然発見
画像

けっこうでかいお地蔵様。
画像

六地蔵って、一ヶ所にまとまってないんだ・・・
けっこう6体並んでって光景を見てるから
残っているのが、2体だけとは・・・

GPSを頼りに歩いていますが、
画像

ん? 地図にない道がある??
画像

階段だー 近道ぃー らっきー
画像

これは、坂道なら遠回りになるなぁ・・

階段降りたところには
画像

さっきの、須藤公園といい、文京区って、いーところですね。

さて、人生初の根津神社
画像

左の上り坂が、権現坂。
画像

よくテレビで見たりするけど、初。
画像

こんなのも、奈良とかで見たりするけど、初。
画像

ゆったりした空間の神社ですね。
画像

ここで、ナニかやるのかな?
祭りや、縁日を見てみたいなぁ・・・

最後に、根津の奥の一角
画像


同じ東京なのに、墨田・江東とはぜんぜん違う。

銚子にハマり6年通って、地形の面白さを感じられるようになり
あらためて、地元を歩いてみて、先人たちの素晴らしさが解った。
自分の、ゼロメートル地帯な視野が、悲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック