散歩・貨物線としおかぜ橋

晴れたので、しおかぜ橋に行ってみた。
木場から歩いて20分くらいの距離。
無駄に歩いたので、30分かかった・・・
画像

向こうに見えるのは、首都高深川線と、汐枝橋。

塩浜と枝川に架かる橋だから、汐枝橋なのでしょう。
”しお”の文字が、「塩」を、「汐」に替えてますね。

ちなみに、枝川の南側には、「潮見」。

「汐」は、運河と橋の名前によく使われているので、
「塩」と「汐」と「潮」が、わけわかんなくなります。

江東区検定とかあったら、「このへん試験に出ますよ」って感じ。

ふりかえって、しおかぜ橋
画像

手前のハープ形斜張橋から、左奥に見えるアーチまで、つながっています。
画像

微妙に傾いているのには、意味があるのでしょう。

画像

右から渡ってくると、さらに登り坂で、次の橋へつながってます。

斜張橋の上のようす
画像

三日月が、出てたんですが、見づらいですね・・・

しばらく登って、ふりかえって
画像

自転車対応の、緩く長い坂。

北側の、しおかぜ橋が、近づいてきました。
画像


渡る手前、運河の先に見える橋は、京葉線。
画像

左に写っている白い建物の脇で、地下にもぐり、
越中島~八丁堀~東京へ。

ん? 河岸が、くずれてる
画像

運河の方へ、少しずり出てるけど・・・
液状化? 大丈夫?

ちょうど、電車がきました。
画像

左側の線路は、貨物の線路です。
橋の反対側を見ると
画像

線路は、途中で止められています。
全盛期には、晴海まで伸びていたようです。
画像

三つ目通りのすぐ脇まで、線路自体は、残っていました。

三つ目通りより西側は、見ていないのでわかりませんが、
空き地のようになっていたので、残ってるかもしれない・・

橋を渡り、線路沿いを突き当たりまで行ってみた。
画像

この先は、どうなってんだろ? 機会があれば、行ってみたい。

貨車が、行ったり来たりしてました。
画像

けっこう近所の人達は、うるさいんじゃない?

線路脇から、しおかぜ橋を見上げて
画像

そろそろ、夕方っぽくなってきたから、帰ろう。

南開橋を渡り、洲崎パラダイスに入ったところで
レトロな、アパートを発見。
画像

左隣にも、まったく同じ建物。

大門通りの並木は、イチョウ。
画像

まだまだ、緑色ですね。

前から気になっていた千田の商店街の街灯。
画像

すごく、イイ雰囲気なんだけど・・・
写真が、ヘタなので、伝わらないでしょうねぇ(;;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック