越中島駅は、塩浜

越中島は、江戸時代から埋立開始されていたようで、
画像



明治初期のころには、
画像

現在と、ほぼ同じになっています。

今の、京葉線越中島駅は、越中島の地下にありますが、
最初の ”越中島駅”は、越中島ではなく、塩浜にあり、
このころは、まだ海・・・

昭和33年開業だから、その前には、埋立。
その後、線路が敷かれるはず・・・

いつごろの地図から、陸地が出てくるか、検索してみた。

昭和10年
画像

木材貯材所とかかれています。


昭和11年
画像

木材貯材所と書かれた下に、鉄道省埋立地と記載されています。


昭和15年
画像

ほぼ埋まりました。 埋立区画で、まだ別れているようす。


昭和21年
画像

大きな一塊になってます。
越中島駅予定地と、はっきり記載されていますね。
それに、左から右へと現代風に、横書きされています。


昭和22年
画像

線路が、記載されました。 まだ1本だけなのね・・・

昭和20年代後半~33年を調べようかと思ったけど
戦後は、情報あふれてるだろうから、やめっ!

そんなのより、昭和21年の地図に、赤で道路や、番号が・・・
画像

100m道路ってナニ?! 気になる・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック