なんで緑町?(その2)


こんなの見つけちゃいました。
画像

画像の説明文--------------------------------
明治5年3月陸軍省附属地として引渡しを求めた文書に添付されていた絵図
割り下水に面した旧幕臣芝山十次郎、佐野某、室賀某当からの上地、開墾拝借地
であり、往来をはさんだ南北49間×東西は往来を取り込んで130間、約5850坪の土地
--------------------------------------

2年前に、総武線の線路予定(明治20年)みたいのを見つけたときに
西に堀、東に線路ということなのかと思っていました。
  参照:なんで緑町?(http://seatake.at.webry.info/201311/article_9.html

上の画像は、明治5年3月陸軍の用地買収予定図らしいんだけど

明治初頭には、緑町に駅が出来る予定で、なんかの理由で、今の場所に変更された?!


今の地図だと
画像

線路の近くだね。

縮尺変えてみると
画像

今の駅とほぼ同じサイズ。
ってことは、駅つくる気マンマンだったようですね。


江戸末期の地図見ると、緑町は、たくさんの人が住んでるけど
今の両国駅北側付近は、材木蔵だったみたいだから
「明治維新ラッキィ~♪」とか言ったか言わないか、
元幕府のものは軍のもの的なかんじで、
用地買収がスムーズだったとか・・・

1872年当時の様子を理解できる年齢だった人。
160~170歳くらいの人の話を聞きたい・・・

つづく (なにか発見したら)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック